このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


とりあえずこいつを見てくれ・・・。
こいつをどう思う・・・?
CYMERA_20150303_155852

すごく・・・
ベースです・・・

たまに・・・エクスプローラーです・・・


今回購入したのはbacchusのWL4-ASH/R BLK/OIL-MH。
一番手前にあるベースです。

どういうベースなのか。

CRAFT Seriesの人気機種 WLモデルのアップデートモデルです。
最上位シリーズのBACCHUS HANDMADE seriesの定番モデル “WOODLNE”の演奏性・ルックスをそのままにコストパフォーマンスを追求したパッシブベースです。
(bacchusサイトより)


基本ジャズベース系の音です。
でもあたいジャズベースの高音のシャリ感があまり好きではない←

なぜ買ったし。

通常の2ピックアップタイプのベースはフロントピックアップ、リアのピックアップをパラレル(並列)で配線してますが、トーンノブを引っ張ることにより、フロント/リアピックアップを連動させたシリーズ(直列)回路に切り替わります。ターボスイッチをONにし、フロント/リアピックアップを連動させることで、出力が増しハムバッキングのようなパワフルなサウンドを出力します。(bacchusサイトより)

これが決め手になりました。
このターボスイッチをONすることでプレベ的な太い中低域を出すことが可能。
試奏してみてこの音を聞いて購入を決めました。

元々プレシジョンベースの太くてパンチの効いた音が大好きだったんですが
見た目重視という抗えない宿命。

だってサンダーバードかっこいいんだもん(´・ω・`)

ベース弾きだしてずいぶん経ちますが(ブランクも長いですが)
Fender系(大別するなら)を持つの初めてなんですよ。
あぁん・・・ひどぅい・・・
どういうことなの・・・

見た目重視だから。
ちかたないね。

で、まぁ今回購入に至りまして。



ずっとメインで使ってきたサンダーバードの評判調べたら弾きにくいってすげー言われてるんですよね。
ヘッド落ちて最悪とかさ。

もうね、アホかと。
そんなわけあるかと。

うまく弾けないのをベースのせいにしてんじゃねーよ、と。
ちょっと弾いて比較してみるから。

ドゥーンドゥーンドゥーン・・・


( ゚д゚) ・・・



( ゚д゚ ) ほんまや



すごく・・・
弾きやすいです・・・


サンダーバードとは何だったのか。
このベースいいわー。
ジャズベ感もプレベ感も出せるし。
国産で造りも良さげだし。


問題は所有者の腕だな。
練習しよー。


でもさ、ライブとかってなったらやっぱサンダーバードだよね。
だってさ・・・


かっこいいもん


ターボスイッチONにした低音ほんといい。
太くて締まりがあるっていうのかな。

サンダーバードはなんか低音モコモコするし、高音になるとすごく音が細くなる印象。
うん。いい買い物したな。


結論。



次はまたサンダーバード買う←


テストだったりします。

えへ


仕事でバタバタしてて放置してました。






英語のスパムが600件以上。





オレ、英語わかんねーから。