色々プログラムとかやっててなんか気持ち悪かったのが
a = b
とかいう場合。

プログラムだとaとbが等しいという意味ではなく
bをaに代入するということですよね。

でもどうしても「=」という文字を見ると
イコールという意味に感じてしまって気持ち悪かったんですが
今日いろいろ調べてたらわかりやすい表現がしてあった。


プログラムにおいて「=」は
右側にあるものを左側に入れるということ。


別に書き留めておくような難しいことじゃないんですけどね。
代入て言葉もあまり馴染まないし。
これならオレでも解りやすいよねw

誰か「オレでもわかるプログラミング講座」っていう本出してください。
どこまでも自分基準ですがw


コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)